わきが・多汗症Q&A

ホーム > わきが・多汗症Q&A





手術にはどんな方法があるの?



切除法:最も古くから行われている方法で、ワキの下の有毛部の汗腺や皮脂腺、毛根を皮膚ごと切り取る方法です。傷が目立ち、ひきつれを起こしたり取り残すことも多く、現在は殆ど行われていません。

剪除法:ワキのシワに沿って4〜5cmの切り込みを数本入れ、切り口と切り口の間の皮膚をめくって、裏のアポクリン汗腺を取り除き皮膚を元に戻す方法です。この方法だとエクリン汗腺の除去が難しく、多汗についてはあまり改善されません。また費用も高く数本の傷もはっきりと残るためやはり多くの美容外科では行われていません。

皮下組織掻爬法:ワキの真中のシワに沿って数cmの切開口を設け、キューレットというスプーン状の器具を挿入して皮膚の裏側を削り、アポクリン汗腺を掻き出す方法です。術後皮膚が生着しにくく回復までに時間がかかるのが難点で、再発率も比較的高い(治癒確率60%程度)という欠点があります。

皮下組織削除法:ワキの真中のシワに沿って1cm程の切開口を設け、一方の先端に鋭い刃、他方にローラーがついたハサミ状の器具を挿入して、アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺まで除去する方法です。この方法だと皮膚がかなり薄くなってしまい、術後の傷が比較的目立って残るような合併症が起こりやすいという欠点があります。

皮下組織吸引法:ワキの下の皮膚に数mmの穴を開け、カニューレという細い管を差し込んでアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺まで吸い出す方法です。傷跡が殆ど残らず、皮膚の生着も早いので入院が不要であるばかりか術後日常生活への影響も殆どない特徴がありますが、汗腺の一部が残ってしまうことがあり、吸引法だけでは効果が不十分です。

超音波治療法:ワキの下の皮膚に数mmの穴を開け、超音波手術装置に接続されているハンドピースの先端を挿入して、血管や神経を傷つけることなくアポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺などを破砕しながら吸引する方法です。この方法では術後の血腫形成や皮膚壊死などの心配が無く、皮膚の生着も早いので入院不要ですが、やけどや組織内水腫の合併症の報告があり、また汗腺の一部が残ってしまうこともあって、やはり効果が不十分です。








ホーム > わきが・多汗症Q&A



わきが・多汗症 関連ホームページ
アサミ美容外科「ワキガ・多汗症」





アサミ美容外科。東京都渋谷区宇田川町36-2ノア渋谷12F

運営:アサミ美容外科 渋谷 / 名古屋 / 大阪